ブログ

  1. Google ChromeのSameSite Cookie対応について

    Googleは自社のブラウザであるChromeのバージョン80でSameSite Cookieを有効化する告知を出しています。
    既にChrome 80は一般公開されていて、気が付かないうちにアップデートされている方も多いのではないかと思います。
    このChrome 80で有効になるSameSite Cookieですが、予告では2020年2月17日から段階的に適用が開始されることになっています。

    いきなり全世界全てのChrome利用者に対して一斉適用でないため、SameSite Cookieが有効になっている人とそうでない人がしばらくは混在することになると思われます。

    もっとみる »
  2. Magento2.3.4 / 2.3.3-p1の変更を調べてわかったこと

    先日の記事で取り上げたMagento2.3.4ですが、2.3.3-p1の内容を確認していたところ同じ内容が入っていることに気が付きました。
    何も考えずに2.3.3のユーザーが2.3.3-p1にアップデートしてしまうと、障害が起きる恐れがあると思い、1系のパッチも含めて調査することにしました。

    もっとみる »
  3. Magento2.3.4リリース〜何が変わるか

    四半期ごとのMagentoのアップデートが公開されました。
    今回は2.2.11と2.3.4、それに1系に対するパッチリリースが行われています。
    2.2系はこのリリースが最終となり、以後はアップデートされません。
    2.2系をお使いの方は、早めに2.3系に移行したほうが良いでしょう。

    もっとみる »
  4. 年末年始休業のお知らせ

    お客様各位

    平素は格別なるお引き立てならびにご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
    弊社は、誠に勝手ながら下記期間を冬季休業とさせていただきます。

    もっとみる »
  5. Meet Magento Japan5周年、そしてコミュニティの形とは

    このエントリはMagento Advent Calendar 2019の22日目です。

    2015年11月より毎年11月に弊社主催で開催しているMeet Magento Japan。2019年の今年は節目となる5回目の開催となりました。
    ご参加、ご協力いただいた皆様にこの場をお借りして改めて感謝申し上げます。
    今年のイベントの様子はこちらのブログに詳しく掲載いただいているので、リンクを貼らせていただきます。

    この5年で、Magentoを取り巻く環境も大きく変わりました。

    もっとみる »
  6. GraphQL APIを拡張する方法

    このエントリは、Magento Advent Calendar 2019の20日目です。

    今回はGraphQL APIを拡張する方法を紹介しましょう。
    MagentoにGraphQL APIが備わっていても、エクステンション側が対応していなければ、GraphQLで利用できません。

    もっとみる »
  7. GraphQL APIのmutationを使ってデータ更新をする方法

    このエントリはMagento Advent Calendar 2019の19日目です。

    今回はGraphQLを使ってデータ更新をするための仕組み「Mutation」について解説します。

    もっとみる »
  8. GraphQL APIで別サイトにデータを表示する方法

    このエントリはMagento Advent Calendar 2019の18日目です。

    今回はMagento2.3系から装備された「GraphQL API」を使って、別サイトにMagento上にあるデータを表示させてみましょう。

    もっとみる »
  9. REST APIの使い方〜非同期・バルク処理API実践〜

    このエントリはMagento Advent Calendar 2019の8日目です。

    今回は非同期・バルク処理APIを実際に使ってみましょう。
    使う前に、前回説明したRabbitMQを必ずセットアップしておいてください。

    もっとみる »
  10. REST APIの使い方〜RabbitMQ導入〜

    このエントリはMagento Advent Calendar 2019の7日目です。

    今回は前回紹介した「非同期・バルク処理API」を使うための準備について解説します。

    もっとみる »