月別アーカイブ: March 2015

読み込み中
  1. Magento2でLessが正式サポート

    CSSを記述する際によく用いられている「Less」。
    Magento1.xでもテーマや開発者によるカスタマイズで利用ができるようになっていることもありますが、Magento2では正式にサポートされます。

    もっとみる »
  2. Magento2の管理画面はタッチパネル対応へ

    Magento2では管理画面のデザインがこれまで何度か変更されてきました。
    Dev RCで三度目のデザイン変更が行われましたが、これまでで最も大きな変更になりそうです。

    もっとみる »
  3. Magento1.xからMagento2への移行ツールの概要が明らかに

    Magento2に関する話題で、今現在Magento1.xを使われている方が一番気にされるのは、データの移行ではないでしょうか?
    Magento1.xでそれなりに成功を納めたサイトでは、最も長くて7年ものあいだの注文データや顧客データといった過去の資産がデータベース上に蓄積されています。
    これをMagento2にするからといって捨てることはできません。
    当然ながらMagento2への移行については、公式の移行ツールが用意されるようです。

    もっとみる »
  4. Magento2ではHHVMが正式サポート

    Magentoはリリース当時から「重い」「遅い」「稼働させるサーバーに相応の性能が求められる」と言われてきました。
    バージョンを重ねるにつれて、Magentoのコードは少しずつ見なおされ、初期バージョンと比較すると大幅に高速化されています。
    (それでも遅いと感じる人は多いでしょうし、共用レンタルサーバーでは性能があまり得られません)

    もっとみる »
  5. Magento2 開発者向けリリース候補バージョンがついにリリース

    Magentoは次期バージョンであるMagento2の開発者向けリリース候補バージョン(Dev RC)を公開しました。
    すでにGithubで公開されていますので、どなたでもソースコードをダウンロードして試すことができます。

    もっとみる »
  6. VeriTrans3Gとペイジェント連携エクステンションをアップデートしました

    弊社でMagento用の連携エクステンションを開発・配布させて頂いております、「」と「」をアップデートしました。

    もっとみる »
  7. 第6回Magento Cafe Plusを開催しました

    2015年3月12日に弊社オフィスにて「第6回 Magento Cafe Plus」を開催しました。

    今回は商品属性カスタマイズの方法と、マルチサイト運用のイロハについて解説しました。
    資料は以下のとおりSlideshareに公開しています。

    もっとみる »
  8. Magento CE 1.9.1.x以降でメールキュー送信に失敗すると危険

    こちらのエントリで、Magento Community Edition 1.9.1.x(Enterprise 1.14.1.x)以降のメール送信はキューによる非同期配信になる、とご説明しました。
    その後、実運用サイトで起きたトラブルがあり、対処を行いました。
    再発を防止する意味でこのエントリでご説明いたしますので、参考にしていただければ幸いです。

    もっとみる »
  9. Magento2をサンプルデータを入れてセットアップする

    Magentoを使いはじめる際に、よく寄せられてきた質問として「サンプルデータのインストール方法がわからない」というものがありました。
    Magento 1.xの場合は、あらかじめ作成したデータベースにサンプルデータを入れておいた上で、Magentoのインストールをしなければならず、分かりにくい上に間違った手順でサンプルデータを入れてしまうケースが多く見受けられました。

    Magento2ではインストール周りが全面的に改良されたことによって、サンプルデータのインストール手順も改良されています。
    このエントリではMagento2のサンプルデータを含んだ形でセットアップする方法をご紹介します。

    もっとみる »
  10. Magentoで選択できるページレイアウトを増やす方法

    Magentoには標準で何パターンかのページレイアウトが用意されています。
    通常はこれらのページレイアウトの中から、ページの用途・目的に合わせたものを選択してページを作成します。 

    ところが、ページのデザインであったり、コンテンツの配置の仕方によっては、既存のレイアウトだけではどうしても対応しきれないパターンが出てきます。
    このエントリではオリジナルのページレイアウトを追加し、より柔軟なコンテンツ作成をする方法をご紹介します。

    もっとみる »