magento

読み込み中
  1. ここが変わったMagento2.4〜Elasticsearch必須化とWebインストール機能の廃止

    Magento2.4では、機能面の改良・追加だけでなく以下の2点について変更が行われています。

    • Elasticsearchの必須化
    • Webインストール機能の廃止

    導入コストや、インストールの難易度がこれらの変更によって起こりますので、これからMagentoを使ってみようという方は十分注意が必要です。
    今回はこれらの変更点について解説したいと思います。

    もっとみる »
  2. Magento2.4向け日本語ロケールを公開しました

    Magento2.4系向けの日本語ロケールを公開しました。

    もっとみる »
  3. ここが変わったMagento2.4〜店頭引き取り機能がついに実装

    Magento2.4では、大手家電量販店などでおなじみの「店頭引き取り」を実現する機能が搭載されました。
    この機能はMagento2.3で追加された「複数拠点在庫管理(Mutl Source Inventory)」への機能拡張という形で実装されており、標準インストールに含まれています。

    もっとみる »
  4. ここが変わったMagento2.4〜顧客サポートがより簡単に

    Magento2.4では、新たに「管理者がお客様のフリをしてログインする」という機能が追加されました。

    トラブル対応の際に、実際に起きている現象を確認することは非常に重要です。とはいえお客様からログインに使用するパスワードをお聞きするのはセキュリティ上NGです。
    これまでのMagentoでは、サードパーティ製のエクステンションでこの機能を実現してきましたが、Magento2.4では標準機能として提供されるようになりました。

    もっとみる »
  5. ここが変わったMagento2.4〜2要素認証の標準有効化

    Magentoの新しいメジャーバージョンである2.4系が遂にリリースされました。
    2.3系に比べると、大きな機能追加などが少ない印象を受けますが、いくつか新しい機能や仕様変更が行われています。

    今回はその中でも管理画面の安全性を高める「2要素認証の標準有効化」について紹介したいと思います。

    もっとみる »
  6. Magentoで大量の商品URL書換データを再作成するには〜その2

    この記事は「Magentoで大量の商品URL書換データを再作成するには〜その1」の続きです。前回の記事からお読みいただくことをおすすめします。

    もっとみる »
  7. Magentoで大量の商品URL書換データを再作成するには〜その1

    Magentoに昔からある仕組みとして、「URL書き換え」というものがあります。
    特定のURLを別の形式に書き換えるための機能で、最初期のバージョンから提供され続けています。

    もっとみる »
  8. Magento1系の公式サポート終了に伴う弊社対応について

    Magento1系メンテナンス終了

    2020年6月30日を持ちまして、Magento1系の公式サポートが以前から告知されていましたとおり終了となります。
    弊社としましては、Magento1系の公式メンテナンス終了に伴い、下記の方針に沿った対応をいたします。

    もっとみる »
  9. MagentoでWebPを使うには

    Google Chromeに付属するLighthouseやPageSpeed Insightsでページを分析すると、

    画像の最適化をしてください

    という指摘をうけることがよくあります。

    もっとみる »
  10. Magento2.3系で追加されたフロントエンド最適化機能の紹介

    Magentoでサイトを構築する場合、往々にして公開側の画面で次のような課題が発生します。

    • ページの読み込みが遅い
    • ページの描画が遅い
    • ページ全体のデータ量が多い
    • ページが読み込むファイル数が多い

    以前の記事「Magento2でHTTPリクエスト数を減らすには」では、Magentoの標準に用意されている設定項目の調整だけでHTTPリクエスト数を削減できる方法をご紹介しました。
    今回は最近のMagentoで追加された調整方法をご紹介したいと思います。

    もっとみる »