magento

Enterprise Cloud Edition

もっと詳しく

Magento + Cloud = 無限の可能性

AWS

Magento Enterprise Cloud Editionは、土台となるクラウドサービスにAmazon Web Services(AWS)を使用しています。
世界各地にデータセンターを保有し、業界トップを走り続けるAWS。
Magentoとの組み合わせによって、無限の可能性をもたらしてくれます。

ベースになるのは、Enterprise Edition

magento

Magento Enterprise Cloud Editionは、Enterprise Editionの進化版です。
Enterprise Editionが持つすべての機能を備え、さらにクラウドネイティブなソリューションとしての新たな機能を追加。すべてのMagentoの最上位に位置するEditonです。
しかも自由にカスタマイズ可能。Marketplaceで提供されるエクステンションやテーマはもちろん、自社専用に開発した機能も利用できます。

CDNを標準装備

Fastly

Magento Enterprise Editionは、Fastlyが提供するコンテンツデリバリネットワーク(CDN)を標準装備。シームレスな連携を実現しています。
ハイパフォーマンスなWebサイトにはもはや不可欠といってもよいほどの存在になったCDN。Enterprise Cloud Editionなら標準装備です。

更に進んだDevOps環境

platform.sh

platform.shは、開発者と運用者が協力しつつシステムの運用・開発を行う「DevOps」を支援するサービスです。
Enterprise Cloud Editionでは、platform.shとのシームレスな連携を実現。
プログラムや、画像、CSS、JavaScriptといったファイルだけでなく、Magento上に保存されている様々なデータをビジネスの要求に合わせてリビジョン管理することができます。
もちろん関係者だけにプレビューすることも可能。ビジネスのよりスピーディーな展開を促進します。

ボトルネックも、すぐに分析

モニタリング

Webサイトの運用で大変なのは、急なパフォーマンス劣化や不具合が起きたときの対応です。
Magento Enterprise Cloud Editionは、モニタリングサービスであるNew Relicと、ボトルネック解析サービスであるblackfire.ioと連携しています。
New Relicではサーバーの負荷状況だけでなく、ページの読み込み時間などをモニタリング。読み込みに時間がかかっているページがどれなのかを「見える化」することで、パフォーマンスチューニングを迅速に行えるようにします。
blackfire.ioでは、プログラムの実行状況をモニタリング。無駄な処理や時間のかかる処理をプログラムの実行レベルで解析します。
大規模サイトではミリ秒単位のムダもパフォーマンス低下の原因になり得るため、早期発見・対応のできる体制が不可欠です。

24時間365日サポート

サポート

Enterprise Cloud Editionでは、24時間365日のサーバーを含めたワンストップサポートが付属します。
運営者と開発者はビジネスを成功させることにだけ注力することができ、サーバー性能に関する問題や、自社のサイトが利用するプラットフォーム自体の不具合から解放されます。

導入のご相談は以下のフォームよりお気軽にどうぞ

ご連絡先

ベリテワークス株式会社

ベリテワークス株式会社
114-0014 東京都北区東田端2-5-14 クロコダイル第2ビル5F
TEL:03-5842-1905
営業時間 平日10:00~18:00

OroCRM Silver Solution PartnerMagento Solution Partner2017MagentoMaster2016MagentoMaster
Magento Solution SpecialistMagento Developer PlusMagento Certified DeveloperMagento Frontend Developer