Magento

選ばれるのには「ワケ」がある

Magentoは世界3大eコマースプラットフォームのひとつ。
豊富な機能、堅牢かつ柔軟性のあるアーキテクチャ、高いパフォーマンスを備えています。
様々な規制や市場ニーズ、言語がひしめくヨーロッパで高く評価され、多くのユーザーを獲得。
2008年のリリース以来、eコマースプラットフォーム市場の先頭を走り続けるMagento。その進化はまだまだ続きます。

Magento

多言語・多通貨・複数拠点

Magento vs EU

Magentoは北米とヨーロッパを中心に広く使われています。
ヨーロッパは道路や鉄道で活発に人もモノもやり取りされる地域。国境をまたぐことは日常的に行われています。
様々な言語や制度、商習慣が存在するマーケットで鍛えられてきたMagentoにとって、越境ECや多言語対応は新しく取り組むテーマではなく、「できて当たり前」なのです。

タッチパネルにも対応

サイトの管理はPCからだけ、というのは一昔前の話。

Magentoの管理画面は、タッチパネル端末でも操作できるように設計されています。

倉庫で在庫数をチェックしながらタブレットや2in1端末で商品や注文情報を管理、といったことも可能です。

欲しい機能は、 ここにある

Magentoには厳格な品質管理基準に準拠した、サードパーティ製の拡張機能やテーマを取り扱う「Marketplace」があります。
プログラムの書き方、対応するMagentoのバージョンや各PHPバージョンでの動作状況といった、様々な観点からの審査を通過したものだけがMarketplaceには公開されています。

Marketplaceに公開されている拡張機能やテーマを上手に組み合わせることで、より短期間に、より高品質なサイト構築が可能です。
Magentoには、これらの拡張機能を受け入れることができる柔軟さが備わっています。

サイト規模に合わせて選べる3つのEdition

Magentoには3つのEditionがあります。
小規模サイトはもちろん、超大規模サイトでも対応可能。
サイトの規模に合わせてお選びいただけます。

読み込み中