Magentoでサイトを構築・運用する際に、頭を悩ませる問題の一つが「アップデート」です。
アップデートを必要としないソフトウエアは存在しないと言って良いくらい、多くのソフトウエアでは日々アップデートが開発・提供され続けています。

Magentoももちろん例外ではなく、これまでも定期的に新しいバージョンが提供され続けてきました。
現在では概ね3ヶ月に1度アップデートが行われる運用になっており、2021年6月現在の最新バージョンは

  • 2.3.7
  • 2.4.2-p1

となっています。

公開されているリリース予定では、次のリリースは8月10日頃となっており、現行バージョンのリリースからちょうど3ヶ月後となっています。

アップデートするか、パッチバージョンで凌ぐか

現在のMagentoのリリース体系は、

  • 純粋なアップデート
  • セキュリティ修正のみを含んだパッチリリース

の2つに分けられています。
パッチリリースはバージョンに「-p1」のようにパッチリリース回数が明記されているので、純粋なアップデートと簡単に区別が付きます。

純粋なアップデートは、

  • セキュリティ修正
  • セキュリティ修正以外の不具合修正
  • 機能改良
  • 仕様変更

などが含まれ、かなり大規模な内容となっています。
特にセキュリティ修正以外の変更点の中には、それ以前のバージョンと挙動が大きく変わるものが含まれていることがあります。
検証が不十分なままに本番反映を行ってしまうと大規模な障害を引き起こす可能性もあるため、十分に動作検証を行う必要があります。

パッチリリースはMagento2.3系の途中で提供が開始されたリリースで、原則として各バージョン1回のみ提供されます。
このリリースにはセキュリティ修正のみが含まれるため、純粋なアップデートよりも影響範囲が

もっとみる »