ブログ

  1. Adobe Commerce B2B 共有カタログ機能紹介

    共有カタログを作成することによって、各会社ごとに独自のカタログを使用することができます。
    商品内容を厳選したり、価格を変更して提供することも可能です。
    今回はその方法について紹介していきます。

    もっとみる »
  2. Adobe Commerce B2B 会社アカウント機能紹介

    今回は会社アカウントにまつわる機能について紹介していきます。
    会社アカウントはフロントと管理画面の両方から作成・編集ができます。
    会社管理者は、ユーザーを管理し、各種権限の設定が可能です。

    もっとみる »
  3. Adobe Commerce B2Bとは

    オンラインで個人が商品やサービスの購入・契約をすることが当たり前になった現在、企業間取引でもオンライン化が急速に進んでいます。
    特に昨今では対面営業が難しいシーンが増えていたり、人手不足で営業スタッフの確保ができないケースも多く見られます。
    これらの状況を補完・改善するために、B to B ECを導入する企業も増えているようです。

    Adobe Commerce にもB to B拡張を追加した「Adobe Commerce B2B」というエディションがあります。
    今回はその概要について取り上げたいと思います。

    もっとみる »
  4. Adobe Commerce / Magento Open Source 2.4.5 がリリースされました

    2.4.4のリリースから約4ヶ月、予告どおりに最新バージョンとなる2.4.5がリリースされました。

    リリースノート

    同時に以下のパッチ適用バージョンもリリースされています。

    • 2.4.4-p1
    • 2.4.3-p2
    • 2.3.7-p4

    今回のリリースで注意するべき点は、

    • 2.3系は今回が最終リリース

    という点です。PHP8.1に対応していない2.4.0〜2.4.3については、2.4.3-p1が最終となります。

    Up

    もっとみる »
  5. 割と罠の多いMagento2.4.4とPHP8.1移行

    Magento Open Source / Adobe Commerce 2.4.4がでてはや3ヶ月。来月には2.4.5がリリースされる告知が出ています。

    また、MarketplaceではPHP8.1非対応のエクステンションがリストから削除され、現在掲載されているものはPHP8.1対応のものだけになっています。
    (何もそこまで強行にやらなくても、とは思いますが)

    さて、Magento Open Source / Adobe Commerce 2.4.4はPHP8.1に初めて対応したバージョンであり、PHP7.4が年内で公式サポート終了であることを踏まえると、それなりにアップデート作業を急がなければいけない状況にあることは間違いありません。

    そこでこのエントリでは、Magento Open Source / Adobe Commerce 2.4.4とPHP8.1移行に潜む罠について解説したいと思います。

    もっとみる »
  6. Adobe CommerceでProduct Recommendationを試してみる

    今となっては多くのECサイトで当たり前のように導入されている「レコメンデーション」。
    Magento Open Source / Adobe Commerce でも多くのサードパーティ製のレコメンデーションエンジン連携がリリースされています。
    弊社でも日本国内のサービスとの連携をこれまでいくつも実装してきました(導入をご検討の方はお問合せフォームよりお問い合わせください)。

    今回は前回の「Adobe LiveSearch」に続いて、同じくAdobe Sense

    もっとみる »
  7. Adobe CommerceでLiveSearchを試してみる

    現在のMagento Open Source / Adobe Commerceはどちらも検索エンジンとしてElasticsearchまたはOpenSearchを採用しています。
    かつてはMySQLの全文検索機能や、Apache Solrを使用していた時期もありましたが、現在の2.4系からはElasticsearchまたはOpenSearchのみとなっています。

    ElasticsearchとOpenSearchはそれ単体で非常に優れた全文検索エンジンとして知られていますが、適切なチューニングなしにはその性能を最大限発揮させることはできません。

    もっとみる »
  8. Adobe Commerce / Magento Open Source 2.4.4がリリースされました

    Adobe CommerceとMagento Open Sourceの最新版である2.4.4がリリースされました。
    本来であれば2022年3月にリリースされる予定でしたが、諸般の事情により1ヶ月遅れてのリリースとなっています。

    1つ前の2.4.3がリリースされたのが2021年の8月11日なので、およそ8ヶ月ぶりのバージョンアップリリースということになります。

    もっとみる »
  9. Adobe Commerce /Magento Open Source 2.3.3以降向けのセキュリティパッチがリリースされています

    Adobe公式サイト上でAdobe Commerce / Magento Open Sourceに対するセキュリティパッチがリリースされています。
    時期的にはもうすぐ次のリリース(2.4.4)の時期なので、それに含まれる形になるのが通例ではありますが、今回のものは緊急度が高いということで分離してのリリースとなったようです。

    もっとみる »
  10. 2022年のAdobe Commerce / Magento Open Sourceのロードマップが公開されています

    公式のDevdocs上で、2022年のAdobe Commerce / Magento Open Sourceのロードマップが公開されています。

    いくつか気になる点がありましたので、整理してお伝えしたいと思います。

    もっとみる »