Magentoトピックス

  1. Magento Open Source / Adobe Commerce 2.4.3-p2 以前を狙ったマルウェアに関する注意喚起

    Magento Open Source / Adobe Commerceを標的としたマルウェアが報告されています。
    Foregenix社が2022年9月15日に公開したレポートによると、Magento Open Source / Adobe Commerce 2.4.3-p2以前のバージョンが影響を受ける模様です。
    また、Sunsec社からも同様の注意喚起が出ています。

    今回はこのマルウェアの感染経路と影響、対策について解説したいと思います。

    もっとみる »
  2. Magento Open Source / Adobe Commerce のバージョンアップ手順

    2022年の後半は、PHP7.4のサポート終了と、Magento Open Source / Adobe Commerce 2.3.x / 2.4.0 - 2.4.3 のサポート終了が同時に到来することもあり、Magento Open Source / Adobe Commerce界隈では新しいバージョンへのアップデート作業が急務となっています。
    しかしながら、パッケージを利用したシステム構築の現場によく見られる、

    • カスタマイズの悪影響によるアップデートの困難化
    • アップデート手順の理解不足による混乱

    が随所で起きているように思われます。
    そこで今回は弊社が普段Magento Open Source / Adobe Commerceをアップデートする際に行っている手順をご紹介したいと思います。

    もっとみる »
  3. GMO-PG / SMBC GP連携エクステンションをアップデートしました

    以前より多くの事業者様にご利用いただいております、

    をアップデートしました。

    もっとみる »
  4. Adobe Commerce / Magento Open Source 2.4.5 がリリースされました

    2.4.4のリリースから約4ヶ月、予告どおりに最新バージョンとなる2.4.5がリリースされました。

    リリースノート

    同時に以下のパッチ適用バージョンもリリースされています。

    • 2.4.4-p1
    • 2.4.3-p2
    • 2.3.7-p4

    今回のリリースで注意するべき点は、

    • 2.3系は今回が最終リリース

    という点です。PHP8.1に対応していない2.4.0〜2.4.3については、2.4.3-p1が最終となります。

    Up

    もっとみる »
  5. 割と罠の多いMagento2.4.4とPHP8.1移行

    Magento Open Source / Adobe Commerce 2.4.4がでてはや3ヶ月。来月には2.4.5がリリースされる告知が出ています。

    また、MarketplaceではPHP8.1非対応のエクステンションがリストから削除され、現在掲載されているものはPHP8.1対応のものだけになっています。
    (何もそこまで強行にやらなくても、とは思いますが)

    さて、Magento Open Source / Adobe Commerce 2.4.4はPHP8.1に初めて対応したバージョンであり、PHP7.4が年内で公式サポート終了であることを踏まえると、それなりにアップデート作業を急がなければいけない状況にあることは間違いありません。

    そこでこのエントリでは、Magento Open Source / Adobe Commerce 2.4.4とPHP8.1移行に潜む罠について解説したいと思います。

    もっとみる »
  6. Adobe Commerce / Magento Open Source 2.4.4がリリースされました

    Adobe CommerceとMagento Open Sourceの最新版である2.4.4がリリースされました。
    本来であれば2022年3月にリリースされる予定でしたが、諸般の事情により1ヶ月遅れてのリリースとなっています。

    1つ前の2.4.3がリリースされたのが2021年の8月11日なので、およそ8ヶ月ぶりのバージョンアップリリースということになります。

    もっとみる »
  7. Adobe Commerce /Magento Open Source 2.3.3以降向けのセキュリティパッチがリリースされています

    Adobe公式サイト上でAdobe Commerce / Magento Open Sourceに対するセキュリティパッチがリリースされています。
    時期的にはもうすぐ次のリリース(2.4.4)の時期なので、それに含まれる形になるのが通例ではありますが、今回のものは緊急度が高いということで分離してのリリースとなったようです。

    もっとみる »
  8. 2022年のAdobe Commerce / Magento Open Sourceのロードマップが公開されています

    公式のDevdocs上で、2022年のAdobe Commerce / Magento Open Sourceのロードマップが公開されています。

    いくつか気になる点がありましたので、整理してお伝えしたいと思います。

    もっとみる »
  9. Magepackを使ってMagentoベースのサイトのJavaScript読み込みを最適化する

    Magento(Adobe Commerceでも基本同じです)ベースでサイトを構築すると、多くのケースで以下のような悩みに直面します。

    • JavaScriptの読み込み数が多い
    • ページによってJavaScriptの要不要が異なるのに、一括して読み込んでしまう

    Magento1の時代からJavaScript読み込みについてはいろいろと言われてきてはいますが、ヘッドレスで別構築しない場合にどのように最適化していけばよいかを解説したいと思います。

    もっとみる »
  10. MagentoをPWA対応させるには

    最近よく問い合わせをいただく話題として「MagentoのPWA対応」というものがあります。
    主に大規模なプロジェクトでのご相談として頂くケースが多いのですが、色々と正しく伝わっていない内容もあるように思われることもあり、整理した記事に書き起こすことにしました。

    もっとみる »