Magentoトピックス

読み込み中
  1. Magento1系の公式サポート終了に伴う弊社対応について

    Magento1系メンテナンス終了

    2020年6月30日を持ちまして、Magento1系の公式サポートが以前から告知されていましたとおり終了となります。
    弊社としましては、Magento1系の公式メンテナンス終了に伴い、下記の方針に沿った対応をいたします。

    もっとみる »
  2. MagentoでWebPを使うには

    Google Chromeに付属するLighthouseやPageSpeed Insightsでページを分析すると、

    画像の最適化をしてください

    という指摘をうけることがよくあります。

    もっとみる »
  3. Magento2.3系で追加されたフロントエンド最適化機能の紹介

    Magentoでサイトを構築する場合、往々にして公開側の画面で次のような課題が発生します。

    • ページの読み込みが遅い
    • ページの描画が遅い
    • ページ全体のデータ量が多い
    • ページが読み込むファイル数が多い

    以前の記事「Magento2でHTTPリクエスト数を減らすには」では、Magentoの標準に用意されている設定項目の調整だけでHTTPリクエスト数を削減できる方法をご紹介しました。
    今回は最近のMagentoで追加された調整方法をご紹介したいと思います。

    もっとみる »
  4. Magento1.xに対する最終パッチがリリースされました

    Magento1.xに対するセキュリティパッチがリリースされました(公式リリースノート)。
    今回のセキュリティパッチが公式からリリースされる「本当の」最終となります。
    以後、Magento1系に対するパッチは公式からはリリースされないので、まだ移行が終わっていない方は、必ず適用するようにしてください。

    もっとみる »
  5. Magento2.4 beta ついに登場

    現在のMagentoの最新版は2.3.5-p1ですが、次期メジャーパージョンである2.4のbeta版が公開されました。
    今回は2.4系で何が変わるのかについてリリースノートから抜粋して紹介したいと思います。

    もっとみる »
  6. Magento2.3.5以降でContent Security Policyのホワイトリストを定義する

    Magento2.3.5で加えられた機能追加の1つ「Content Security Policy」。
    許可されていない外部のJavaScriptや画像などにブラウザが勝手にアクセスをしないようにするための仕組みです。わかりやすい説明は、MDNのページに書かれています。

    もっとみる »
  7. Magento 2.3.4-p2はどの程度脆弱性をカバーしたのか

    脆弱性に関する情報がAdobe公式サイトに掲載されるようになり、他のAdobe製品と同様に日本のセキュリティ関係のニュースサイトでもMagentoの脆弱性がタイムリーに取り上げられるようになりました。
    これはとても喜ばしいことで、これまでよりも広く・早く脆弱性に関する周知が行われるようになったと感じています。

    さて、Magento2.3.3以降、Magento2系ではセキュリティ修正だけを行ったリリースが1つ前のバージョンに対して行われるようになりました。
    今回の2.3.5のリリースでは、同時に2.3.4-p2がリリースされており、2.3.5で修正された脆弱性が2.3.4に対しても行われているとされています。

    もっとみる »
  8. Magento2.3.5リリース〜マイナーでも注意が必要

    4半期ごとの定例アップデートとして、Magento2.3.5がリリースされました。
    前回の2.3.4のリリースが1月28日だったので、ほぼ3ヶ月周期でリリースされたことになります。

    もっとみる »
  9. Magento2用PHPStormプラグインを試す

    Magentoのカスタマイズや機能開発をする際には、PHPStormやVS Codeのような統合開発環境(IDE)が欠かせません。
    テキストエディタでMagentoのカスタマイズに挑戦するのは、正直かなり辛いものであると言っても過言ではないでしょう。

    多くのMagentoに携わる技術者が利用しているのは、冒頭でもあげたPHPStormやVS Codeなどです。
    (NetBeansやEclipseという選択肢もあります)
    これらのソフトウエアを使ってプログラムを閲覧・作成・改変することで、テキストエディタよりも効率よく作業ができます。

    そして今回、PHPStorm用にMagento公式のプラグインがリリースされました。

    もっとみる »
  10. Magento2.3.2及び2.2.9までのバージョンに対するセキュリティパッチが公開されました

    Magento公式サイト上で、セキュリティパッチが3月24日付けで公開されました。(パッチ公開は3月7日ですが、記事公開は24日です)
    このセキュリティパッチは昨年10月にリリースされた2.3.3及び2.2.10で修正された「CVE-2019-8118」に関連するものです。

    もっとみる »