OroCRM

読み込み中
  1. OroPlatformベースのアプリケーションをアップデートしてみよう

    今回はOroPlatformをベースにしたアプリケーションのアップデート方法についてご紹介します。

    OroPlatformは、PHPフレームワーク・Symfonyをベースに開発されたビジネスアプリケーションフレームワークです。
    基本的にこのエントリでご紹介する方法で、OroCRMやOroCommerce、Akeneo PIMなどもアップデートが可能です。

    もっとみる »
  2. OroCRMで何を管理する?〜そもそものCRMの目的〜

    CRMと聞くと、

    • なんだか難しそうだ
    • 何に使っていいのかわからない
    • 全部把握できているから問題はない
    • そんな高度なものはウチには要らない

    という反応をよくされるのですが、実際のところ全部間違いです。

    もっとみる »
  3. OroCRMの新バージョンがリリースされました

    Eコマース向けのCRMとして弊社がおすすめしている、OroCRMの新バージョンがリリースされました。 
    今回のバージョンアップで、Community Editionは1.10。Enterprise Editionは1.12となり、PHP7に正式対応しました。

    早速新バージョンの注目ポイントをご説明しましょう。

    もっとみる »
  4. Magentoのカゴ落ちデータをOroCRMで分析してみる

    このエントリはMagento Advent Calendar 15日目です。

    ECサイトを運営していると、顧客がカートの中にどんな商品を入れているかを知りたくなります。
    もちろんMagentoでも管理画面で、個別にカートの中を見ることができます。これはMagentoがカート情報をデータベースに一旦格納しているからなのですが、マーケティング的な観点から行くと、更にもう一歩進んだ分析やアクションを行いたくなります。

    もっとみる »
  5. OroCRMのマーケティングリスト機能を使う

    OroCRMには、「マーケティングリスト」という機能が付属しています。
    Microsoft Dynamicsなどをお使いの方であれば聞いたことのある単語かもしれません。

    この機能を使うことで、リアルタイムにCRM上のデータを取り出して分析し、マーケティング活動に使うことができます。

    もっとみる »
  6. OroCRM 1.0.0がリリースされました

    ついにEコマース向けのCRMである「OroCRM」の正式版がリリースされました。
    OroCRMの登場によって、小規模〜中規模ECサイトの顧客管理・マーケティング分析が強化され、よりよいサイト運営・販売戦略が立てられるようになると思います。

    もっとみる »
  7. アカウント管理機能の使い方〜その1

    OroCRMの顧客管理機能には、

    • アカウント
    • 連絡先
    • コール
    • 連絡先グループ
    • コンタクトリクエスト
    • チャンネル

    というサブ機能が用意されています。
    このエントリではアカウント管理機能の使い方について解説します。

    もっとみる »
  8. OroCRMとMagentoを連携させる

    OroCRMにはMagentoのデータを取り込む機能が標準で用意されています。
    Magentoの生みの親であるYoav Kutner氏が率いるチームが開発しているだけあって、Magentoは最優先に考えられているところは弊社としてはありがたい限りです。

    このエントリではOroCRMとMagentoをどのように連携させるかについて説明します。
    (このエントリはOroCRM公式サイトに掲載されている英文のエントリを参考にしたものです)

    もっとみる »
  9. OroCRM 1.0.0 RC2がリリースされました

    OroCRM 1.0.0 RC2がリリースされました
    開発元のロードマップでは次が最初の正式版になるということです。

    もっとみる »
  10. OroCRM 1.0.0 RC1がリリースされました

    OroCRM 1.0.0 RC1がリリースされました
    正式版のリリースは4月1日を予定しているようですが、RCつまり正式リリース候補ということで、ここからは更に完成度を上げるフェーズに入ってきます。

    もっとみる »