ブログ

  1. Adobe、Magento Commerceをリネーム

    2021年4月21日付けでAdobeはMagentoの有償版である「Magento Commerce」を名称変更し、「Adobe Commerce」とすることを発表しました(発表記事はこちら)。
    無償版のMagento Open Sourceについては変更なく、これまでと同じ名称のままです。

    Adobeによる買収後、段階的にMagentoのAdobe既存製品群への統合が進められてきたわけですが、ついに有償版のリネームという段階になったようです。
    また今回の名称変更に伴い、オンプレミス版とクラウド版は名称統合が行われ、単一の「Adobe Commerce」となります。

    弊社サイト上の表記は段階的に差し替えておりますので、一定期間は旧名称が表示されております。
    なお、ブログの過去記事については執筆当時のままといたしますので、名称変更を適用する予定はございません。

    もっとみる »
  2. ここが変わったMagento2.4〜Elasticsearch必須化とWebインストール機能の廃止

    Magento2.4では、機能面の改良・追加だけでなく以下の2点について変更が行われています。

    • Elasticsearchの必須化
    • Webインストール機能の廃止

    導入コストや、インストールの難易度がこれらの変更によって起こりますので、これからMagentoを使ってみようという方は十分注意が必要です。
    今回はこれらの変更点について解説したいと思います。

    もっとみる »
  3. Magento2.4向け日本語ロケールを公開しました

    Magento2.4系向けの日本語ロケールを公開しました。

    もっとみる »
  4. ここが変わったMagento2.4〜店頭引き取り機能がついに実装

    Magento2.4では、大手家電量販店などでおなじみの「店頭引き取り」を実現する機能が搭載されました。
    この機能はMagento2.3で追加された「複数拠点在庫管理(Mutl Source Inventory)」への機能拡張という形で実装されており、標準インストールに含まれています。

    もっとみる »
  5. ここが変わったMagento2.4〜顧客サポートがより簡単に

    Magento2.4では、新たに「管理者がお客様のフリをしてログインする」という機能が追加されました。

    トラブル対応の際に、実際に起きている現象を確認することは非常に重要です。とはいえお客様からログインに使用するパスワードをお聞きするのはセキュリティ上NGです。
    これまでのMagentoでは、サードパーティ製のエクステンションでこの機能を実現してきましたが、Magento2.4では標準機能として提供されるようになりました。

    もっとみる »
  6. ここが変わったMagento2.4〜2要素認証の標準有効化

    Magentoの新しいメジャーバージョンである2.4系が遂にリリースされました。
    2.3系に比べると、大きな機能追加などが少ない印象を受けますが、いくつか新しい機能や仕様変更が行われています。

    今回はその中でも管理画面の安全性を高める「2要素認証の標準有効化」について紹介したいと思います。

    もっとみる »
  7. Akeneo PIM〜ファミリー管理

    Akeneo PIM

    今回はAkeneo PIMの「ファミリー」について解説します。
    「ファミリー」は「商品のグループ」とも呼べるものですが、「属性グループ」と混乱しやすいので注意が必要です。

    もっとみる »
  8. Akeneo PIM〜カテゴリの管理

    Akeneo PIM

    Akeneo PIMにも商品を所属させるカテゴリの概念があります。
    今回はカテゴリ管理について解説します。

    もっとみる »
  9. Akeneo PIM〜属性グループの管理

    Akeneo PIM

    今回はAkeneo PIMの「属性グループ」を紹介します。
    Magentoを使われている方であればそこまで難しいものではないかもしれませんが、Akeneo PIM独自の要素や機能については理解が必要です。

    もっとみる »
  10. Magentoで大量の商品URL書換データを再作成するには〜その2

    申し訳ありません、このコンテンツを生成中に問題が発生しました。

    もっとみる »