adobe commerce

  1. Adobe Commerce / Magento Open Source 2.4.4がリリースされました

    Adobe CommerceとMagento Open Sourceの最新版である2.4.4がリリースされました。
    本来であれば2022年3月にリリースされる予定でしたが、諸般の事情により1ヶ月遅れてのリリースとなっています。

    1つ前の2.4.3がリリースされたのが2021年の8月11日なので、およそ8ヶ月ぶりのバージョンアップリリースということになります。

    さて、今回のリリースはAdobe Commerce / Magento Open Sourceのユーザーにとって重要なものとなっています。
    順番に見ていくことにしましょう。

    もっとみる »
  2. Adobe Commerce /Magento Open Source 2.3.3以降向けのセキュリティパッチがリリースされています

    Adobe公式サイト上でAdobe Commerce / Magento Open Sourceに対するセキュリティパッチがリリースされています。
    時期的にはもうすぐ次のリリース(2.4.4)の時期なので、それに含まれる形になるのが通例ではありますが、今回のものは緊急度が高いということで分離してのリリースとなったようです。

    もっとみる »
  3. 2022年のAdobe Commerce / Magento Open Sourceのロードマップが公開されています

    公式のDevdocs上で、2022年のAdobe Commerce / Magento Open Sourceのロードマップが公開されています。

    いくつか気になる点がありましたので、整理してお伝えしたいと思います。

    もっとみる »
  4. Upgrade Compatibility Toolを使って、Magentoのアップデート時の互換性チェックをしてみよう

    フレームワークやプラットフォームを使用してシステムを構築・運用していると、必ず「アップデート」という課題に直面します。
    アップデートを行う際、多くのフレームワークやプラットフォームでは機能面の改善に伴う仕様変更によって、それまでのバージョンとの互換性が失われているケースが多々あります。
    あるいは、言語バージョンの変更による機能廃止・変更による影響も無視できないものとして存在します。

    もっとみる »
  5. Magento Quality Patchesを使ってパッチ適用をする

    Magentoでサイトを構築・運用する際に、頭を悩ませる問題の一つが「アップデート」です。
    アップデートを必要としないソフトウエアは存在しないと言って良いくらい、多くのソフトウエアでは日々アップデートが開発・提供され続けています。

    Magentoももちろん例外ではなく、これまでも定期的に新しいバージョンが提供され続けてきました。
    現在では概ね3ヶ月に1度アップデートが行われる運用になっており、2021年6月現在の最新バージョンは

    • 2.3.7
    • 2.4.2-p1

    となっています。

    公開されているリリース予定では、次のリリースは8月10日頃となっており、現行バージョンのリリースからちょうど3ヶ月後となっています。

    もっとみる »
  6. Magento2.3/2.4で日本語検索を良くするには

    Magentoで構築した日本語向けサイトでは、次のような問題が頻発します。

    • 商品検索が意図した結果ではない

    この問題は、Magento Open SourceでもAdobe Commerceでも共通して発生します。
    もちろん構築時にサイトの特性に合わせた調整がしてあれば回避可能ですが、何も考えずに構築した場合は、高確率でトラブルが発生します。

    もっとみる »
  7. Adobe、Magento Commerceをリネーム

    2021年4月21日付けでAdobeはMagentoの有償版である「Magento Commerce」を名称変更し、「Adobe Commerce」とすることを発表しました(発表記事はこちら)。
    無償版のMagento Open Sourceについては変更なく、これまでと同じ名称のままです。

    Adobeによる買収後、段階的にMagentoのAdobe既存製品群への統合が進められてきたわけですが、ついに有償版のリネームという段階になったようです。
    また今回の名称変更に伴い、オンプレミス版とクラウド版は名称統合が行われ、単一の「Adobe Commerce」となります。

    弊社サイト上の表記は段階的に差し替えておりますので、一定期間は旧名称が表示されております。
    なお、ブログの過去記事については執筆当時のままといたしますので、名称変更を適用する予定はございません。

    もっとみる »