ブログ

読み込み中
  1. Akeneo PIM〜商品属性の管理

    この記事は、「Akeneo PIMの属性管理を知る」の2020年版です。前回の記事から6年が経過し、Akeneo PIMのユーザーインターフェイスも大きく変わっています。

    もっとみる »
  2. Akeneo PIM〜設定項目を理解しよう

    Akeneo PIMを使い始める前に、「設定」メニューにある項目について理解しておきましょう。
    Magentoに比べるとAkeneo PIMの設定項目は非常に少ないので、理解はしやすいと思います。

    もっとみる »
  3. Akeneo PIMにログインして言語設定を変えてみよう

    前回はAkeneo PIMをDocker環境でセットアップしました。
    今回はセットアップしたAkeneo PIMにログインし、言語設定を変えてみましょう。

    もっとみる »
  4. Akeneo PIM 4.xをインストールしてみよう

    Akeneo PIM

    商品情報を管理する(Product Information Management、以下PIM)専用のアプリケーションであるAkeneo PIMをインストールしてみましょう。
    初期バージョンでは環境構築が少し難しい面がありましたが、現在の4系ではかなり簡単になっています。

    もっとみる »
  5. Magento1系の公式サポート終了に伴う弊社対応について

    Magento1系メンテナンス終了

    2020年6月30日を持ちまして、Magento1系の公式サポートが以前から告知されていましたとおり終了となります。
    弊社としましては、Magento1系の公式メンテナンス終了に伴い、下記の方針に沿った対応をいたします。

    もっとみる »
  6. MagentoでWebPを使うには

    Google Chromeに付属するLighthouseやPageSpeed Insightsでページを分析すると、

    画像の最適化をしてください

    という指摘をうけることがよくあります。

    もっとみる »
  7. Magento2.3系で追加されたフロントエンド最適化機能の紹介

    Magentoでサイトを構築する場合、往々にして公開側の画面で次のような課題が発生します。

    • ページの読み込みが遅い
    • ページの描画が遅い
    • ページ全体のデータ量が多い
    • ページが読み込むファイル数が多い

    以前の記事「Magento2でHTTPリクエスト数を減らすには」では、Magentoの標準に用意されている設定項目の調整だけでHTTPリクエスト数を削減できる方法をご紹介しました。
    今回は最近のMagentoで追加された調整方法をご紹介したいと思います。

    もっとみる »
  8. Magento1.xに対する最終パッチがリリースされました

    Magento1.xに対するセキュリティパッチがリリースされました(公式リリースノート)。
    今回のセキュリティパッチが公式からリリースされる「本当の」最終となります。
    以後、Magento1系に対するパッチは公式からはリリースされないので、まだ移行が終わっていない方は、必ず適用するようにしてください。

    もっとみる »
  9. Magento2.4 beta ついに登場

    現在のMagentoの最新版は2.3.5-p1ですが、次期メジャーパージョンである2.4のbeta版が公開されました。
    今回は2.4系で何が変わるのかについてリリースノートから抜粋して紹介したいと思います。

    もっとみる »
  10. Magento2.3.5以降でContent Security Policyのホワイトリストを定義する

    Magento2.3.5で加えられた機能追加の1つ「Content Security Policy」。
    許可されていない外部のJavaScriptや画像などにブラウザが勝手にアクセスをしないようにするための仕組みです。わかりやすい説明は、MDNのページに書かれています。

    もっとみる »