月別アーカイブ: September 2018

読み込み中
  1. Meet Magento Poland 2018参加レポート

    この度Meet Magento Poland2018(mm18pl)に参加して参りましたので、参加レポートをさせていただきます。

    2018/9/9 Contribution Day

    Contribution Dayはハッカソンのようなもので、Magento社の人間とCommunityのエンジニアが集まって、その日のうちにPRを送れるようチャレンジするイベントです。 MM18PLのco-organizerの Bold Brand Commerce 主催で、シティの南側にあるオフィスで開催されました。

    一般的なデバッグか、プロジェクトに貢献かを選ぶことができ、はじめて貢献する人へのオススメは一般的なデバッグということで私はそちらを選びました。

    手順としては ここから issues -> ‘good first issue’とクリックすると「はじめての人向け」にラベル付された課題を選ぶことができます。 内容を見てみて自分の興味あるバグやできそうなものを選んで進めていく形になります。 環境の準備のしかたについては 

    もっとみる »
  2. Magento2.1.15/2.2.6がリリースされました

    Magento2.1系と2.2系の最新版となる、2.1.15と2.2.6がリリースされました。
    今回のアップデートはセキュリティFIXと不具合修正がメインとなっています。
    とくに2.2系は150件以上に及ぶ改良が行われており、その多くがコミュニティからもたらされています。

    もっとみる »
  3. Magento1.5以降を対象としたセキュリティパッチSUPEE-10888が公開されました

    Magento1.5以降に対するセキュリティパッチのリリースが行われました。
    新たにリリースされたセキュリティパッチ「SUPEE-10888」はMagento Community Edition 1.5.0.0以降のバージョンが対象となっており、11件の脆弱性が修正されます。2018年9月19日現在ではこのセキュリティパッチによる修正対象の脆弱性を狙った攻撃は確認されていませんが、早急な適用が強く推奨されます。

    もっとみる »
  4. Magento1.9.2系以降に対するPHP7.2対応パッチがリリースされました

    Magento公式サイト上に、Magento1.9.2以降をPHP7.2に対応させるパッチが公開されました。

    このパッチは、先日公表されたMagento1系のセキュリティパッチ提供期間延長に伴う措置の一環です。
    このパッチを適用することによって、より新しいOSやPHP環境でもMagento1系を動作させることができ、その間にMagento2系への移行を進めることができます。

    もっとみる »
  5. Magento1.xに対するセキュリティパッチ提供期間の変更について

    Magento公式より、Magento1.xに対するセキュリティパッチ提供期限の変更がありました。
    Magento1.xをお使いの方にはMagento2系への移行計画に関わる問題です。

    もっとみる »