月別アーカイブ: December 2013

読み込み中
  1. 2013年冬季休業のお知らせ

    お客様各位

    平素は格別なるお引き立てならびにご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
    弊社は、誠に勝手ながら下記期間を冬季休業とさせていただきます。

    もっとみる »
  2. Magento Community Edition 1.4.0.0以降を対象としたパッチについて

    Magento公式サイトで、Magento Community Edition 1.4.0.0以降を対象としたパッチ(不具合修正プログラム)が配布されています。
    このパッチは、Magentoの管理画面にあるCMS機能の画像アップロード機能で発見された不具合を修正するものです。

    もっとみる »
  3. Magento Community Editon 1.8.1.0がリリースされました

    Magento Community Edition 1.8.1.0がリリースされました。
    今回はメジャーバージョンアップではなくマイナーバージョンアップなので、新機能追加はありません。
    ですが、リリースノートによると、非常に多くの修正が行われています。

    もっとみる »
  4. MagentoでSSLをロードバランサーで復号化したい場合の設定方法

    Magentoで一定規模以上のサイトを運用する場合、複数台のWebサーバーを使用することになります。
    もしくは運用方針として、サイトをダウンさせたくない場合はアクセス数が多くなくても、複数台のWebサーバーを使用することがあります。

    このような場合、「MagentoのセッションとキャッシュをRedisに保存する」や「Magentoの画像ファイルをデータベースを使用して複数のWebサーバでシェアする」でご紹介したような方法を使いながら、Webサーバーを単純に増やせば良い形にサイトを作り替えていきます。
    そして、複数台のWebサーバーに均等にアクセスを振り分けるためにロードバランサー(負荷分散装置)を導入します。

    このエントリでは、Magentoとロードバランサーを組み合わせて利用する場合に、SSLによる暗号化を解除する方法を解説します。

    もっとみる »
  5. Magentoで使うならPHP5.3/5.4よりPHP5.5がおすすめ

    MagentoはPHPで書かれたプログラムです。動作にはPHPが不可欠で、しかもPHPのパフォーマンスはMagentoの動作速度に直接的な影響を及ぼします。

    そのため、Magentoがリリースされた頃から、どのようにPHPをチューニングするかという話題は、アプリケーションのコードをチューニングすることとは別に、話題とされてきました。

    このエントリでは、2013年末の段階で、Magentoを動かすために利用できるPHPのバージョンと、最適解について解説します。

    もっとみる »
  6. 意外と忘れられがちなMagentoのログクリーニング

    弊社ではMagentoに関する様々なご相談をお受けしておりますが、サーバーの引っ越しや、アプリケーションの不具合調査などの際に、データベースの状態をチェックすることが多々あります。
    その際によく見かけるのが、ログデータの異常なまでの肥大化です。

    このエントリでは、Magentoが訪問者のログをどこに記録しているか、何に使っているか。
    そして、ログをどうすれば適切にクリーニングできるかを説明します。

    もっとみる »
  7. アカウントロックアウトエクステンションの販売を開始しました

    Magentoの顧客アカウントの安全性を高めるためのエクステンションとして、「」をリリースしました。
    このエクステンションは、顧客のアカウントに対して、所定回数以上のログイン失敗があった場合に、該当アカウントをロックする機能をMagentoに追加します。

    もっとみる »
  8. Yahoo!プロモーション広告連携エクステンションをバージョンアップしました

    弊社製のをバージョンアップしました。
    今回のバージョンアップでは、「Yahoo!アクセス解析」 の計測タグを出力できるように改良しています。

    もっとみる »