magento open source

  1. GMO-PG / SMBC GP連携エクステンションをアップデートしました

    以前より多くの事業者様にご利用いただいております、

    をアップデートしました。

    もっとみる »
  2. Adobe Commerce B2Bとは

    オンラインで個人が商品やサービスの購入・契約をすることが当たり前になった現在、企業間取引でもオンライン化が急速に進んでいます。
    特に昨今では対面営業が難しいシーンが増えていたり、人手不足で営業スタッフの確保ができないケースも多く見られます。
    これらの状況を補完・改善するために、B to B ECを導入する企業も増えているようです。

    Adobe Commerce にもB to B拡張を追加した「Adobe Commerce B2B」というエディションがあります。
    今回はその概要について取り上げたいと思います。

    もっとみる »
  3. Adobe Commerce / Magento Open Source 2.4.5 がリリースされました

    2.4.4のリリースから約4ヶ月、予告どおりに最新バージョンとなる2.4.5がリリースされました。

    リリースノート

    同時に以下のパッチ適用バージョンもリリースされています。

    • 2.4.4-p1
    • 2.4.3-p2
    • 2.3.7-p4

    今回のリリースで注意するべき点は、

    • 2.3系は今回が最終リリース

    という点です。PHP8.1に対応していない2.4.0〜2.4.3については、2.4.3-p1が最終となります。

    Up

    もっとみる »
  4. 割と罠の多いMagento2.4.4とPHP8.1移行

    Magento Open Source / Adobe Commerce 2.4.4がでてはや3ヶ月。来月には2.4.5がリリースされる告知が出ています。

    また、MarketplaceではPHP8.1非対応のエクステンションがリストから削除され、現在掲載されているものはPHP8.1対応のものだけになっています。
    (何もそこまで強行にやらなくても、とは思いますが)

    さて、Magento Open Source / Adobe Commerce 2.4.4はPHP8.1に初めて対応したバージョンであり、PHP7.4が年内で公式サポート終了であることを踏まえると、それなりにアップデート作業を急がなければいけない状況にあることは間違いありません。

    そこでこのエントリでは、Magento Open Source / Adobe Commerce 2.4.4とPHP8.1移行に潜む罠について解説したいと思います。

    もっとみる »
  5. Adobe CommerceでLiveSearchを試してみる

    現在のMagento Open Source / Adobe Commerceはどちらも検索エンジンとしてElasticsearchまたはOpenSearchを採用しています。
    かつてはMySQLの全文検索機能や、Apache Solrを使用していた時期もありましたが、現在の2.4系からはElasticsearchまたはOpenSearchのみとなっています。

    ElasticsearchとOpenSearchはそれ単体で非常に優れた全文検索エンジンとして知られていますが、適切なチューニングなしにはその性能を最大限発揮させることはできません。

    もっとみる »
  6. Adobe Commerce / Magento Open Source 2.4.4がリリースされました

    Adobe CommerceとMagento Open Sourceの最新版である2.4.4がリリースされました。
    本来であれば2022年3月にリリースされる予定でしたが、諸般の事情により1ヶ月遅れてのリリースとなっています。

    1つ前の2.4.3がリリースされたのが2021年の8月11日なので、およそ8ヶ月ぶりのバージョンアップリリースということになります。

    もっとみる »
  7. Magento Quality Patchesを使ってパッチ適用をする

    Magentoでサイトを構築・運用する際に、頭を悩ませる問題の一つが「アップデート」です。
    アップデートを必要としないソフトウエアは存在しないと言って良いくらい、多くのソフトウエアでは日々アップデートが開発・提供され続けています。

    Magentoももちろん例外ではなく、これまでも定期的に新しいバージョンが提供され続けてきました。
    現在では概ね3ヶ月に1度アップデートが行われる運用になっており、2021年6月現在の最新バージョンは

    • 2.3.7
    • 2.4.2-p1

    となっています。

    公開されているリリース予定では、次のリリースは8月10日頃となっており、現行バージョンのリリースからちょうど3ヶ月後となっています。

    もっとみる »
  8. Magento2.3/2.4で日本語検索を良くするには

    Magentoで構築した日本語向けサイトでは、次のような問題が頻発します。

    • 商品検索が意図した結果ではない

    この問題は、Magento Open SourceでもAdobe Commerceでも共通して発生します。
    もちろん構築時にサイトの特性に合わせた調整がしてあれば回避可能ですが、何も考えずに構築した場合は、高確率でトラブルが発生します。

    もっとみる »
  9. Magento 2.4.1/2.3.6以降で都道府県の並びが日本語でおかしくなる現象が発生中

    Magentoには時折マイナーバージョンアップの際に意図がよくわからない仕様変更が紛れ込む現象があります。
    今回、Magento 2.4.2/2.3.6 で動作検証をしていたところ、タイトルの現象に遭遇しました。
    どのようなものか、順番にご説明していきましょう。

    もっとみる »
  10. Adobe、Magento Commerceをリネーム

    2021年4月21日付けでAdobeはMagentoの有償版である「Magento Commerce」を名称変更し、「Adobe Commerce」とすることを発表しました(発表記事はこちら)。
    無償版のMagento Open Sourceについては変更なく、これまでと同じ名称のままです。

    Adobeによる買収後、段階的にMagentoのAdobe既存製品群への統合が進められてきたわけですが、ついに有償版のリネームという段階になったようです。
    また今回の名称変更に伴い、オンプレミス版とクラウド版は名称統合が行われ、単一の「Adobe Commerce」となります。

    弊社サイト上の表記は段階的に差し替えておりますので、一定期間は旧名称が表示されております。
    なお、ブログの過去記事については執筆当時のままといたしますので、名称変更を適用する予定はございません。

    もっとみる »