2022年内の最終リリースとなる、Magento Open SourceとAdobe Commerceのセキュリティアップデートがリリースされました。
今回のリリースはピークシーズン直前ということもあり、非常に小規模な内容となっています。
Adobe Security Bulletin によると、

  • 1件のクロス・サイト・スクリプティングの修正

が行われています。

その他、

  • メールアドレス変更時におけるアドレス変更確認メール送信フラグの修正
  • DHL連携におけるスキーマ定義の更新(2.4.4−p2のみ)

が行われています。

今回の変更点はこれだけですので、ピークシーズン前に適用しておくことを強くお勧めします。