今回はAkeneo PIMの「ファミリー」について解説します。
「ファミリー」は「商品のグループ」とも呼べるものですが、「属性グループ」と混乱しやすいので注意が必要です。

そもそも「ファミリー」とはなんだろう

「ファミリー」、身近な日本語訳では「家族」になりますが、ここでは「classification」つまりは「(分類上の)科」「製品群」を意味します。
要はある製品のグループを指して「ファミリー」と呼ぶわけです。

典型的な例では、Intel社のマイクロプロセッサは「インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー」というように呼ばれています。
Core™ プロセッサーを含む一連の製品群すべてを指して「ファミリー」と呼ぶわけですね。

「ファミリー」はMagentoの「属性セット」と概ね同じ概念なので、Magentoを使われている方の場合は理解しやすいのではないでしょうか。

ファミリー管理機能の使い方

ファミリー管理機能の表示

ファミリー管理機能にアクセスするには、左メニューの「設定」を選び、次に「ファミリー」を選びます。

ファミリー一覧

登録されているファミリーの一覧が表示されるので、既存データを編集する場合は行を選択します。
新規作成したい場合は右上のボタンをクリックしましょう。

ファミリーの作成・編集

ファミリー編集

ファミリーの作成・編集画面は履歴を含めた4つのタブから構成されています。
初期表示では「プロパティ」タブが表示されます。

プロパティ

「プロパティ」タブには、以下の情報が表示されます。

  • コード
  • ラベルとして使用中の属性
  • メイン画像として使用される属性
  • ラベルの翻訳

「コード」と「ラベルの翻訳」については「属性」「属性グループ」などと同じです。
「ファミリー」固有の設定としては、

  • ラベルとして使用中の属性
  • メイン画像として使用される属性

の2つです。

前者は一覧画面や商品管理画面で表示する際に「どの属性の値をこのファミリーのラベルとして表示するか」を指定します。
後者は「このファミリーを使って登録する商品のメイン画像に使う属性はどれか」を指定します。

属性

ファミリー編集〜属性

属性タブには、このファミリーに属している商品属性が表示されます。もちろん追加・削除もできます。

新しく追加したい場合は、

  • 属性グループからの追加
  • 属性個別に追加

のどちらからでも可能です。

バリエーション

ファミリー編集〜バリエーション

  • バリエーションは、以下のような商品単品で異なる値を管理するために使用します。
  • サイズ
  • 性能上の項目など

Magentoの「コンフィグ商品(Configurable Product)」の仕組みと概ね同じです。

バリエーションの追加

バリエーションを追加したい場合は、「バリエーション」タブにある「バリエーションを追加」をクリックします。
次のような画面に切り替わるので、フィールドに値をセットしていきます。

ファミリー編集〜バリエーション追加

バリエーションのレベル

Akeneo PIMのバリエーションでは、最大2階層までのバリエーションを作成できます。
「バリエーションのレベル」で1または2が選べるようになっており、選んだ値によって、「バリエーション軸のレベル」フィールドの数が変わります。

値がセットしたら「作成」ボタンをクリックして、バリエーションを保存しておきます。

バリエーションの構成

バリエーションを作成したあとは、バリエーションにどの商品属性が関連するかを設定します。
登録済みのバリエーションの右端にある、編集ボタンをクリックすると次のような画面に切り替わります。

ファミリー編集〜バリエーションの構成

この例では、「Size」属性を軸とするバリエーションの構成を編集しています。
このバリエーションの場合は、

  • EAN
  • SKU
  • Weight
  • Size

がバリエーションに関連する商品で異なることを意味します。

EANとSKUは商品番号などです。WeightはSizeが変わると変動するのはある意味自然なことですね。