この記事は、「Akeneo PIMの属性管理を知る」の2020年版です。前回の記事から6年が経過し、Akeneo PIMのユーザーインターフェイスも大きく変わっています。

属性管理とは

属性管理機能は、Akeneo PIM上で管理する商品情報に対して設ける入力項目を意味します。
Magentoの商品属性管理とよく似ているので、Magentoを使われている方には理解がしやすいのではないでしょうか。

もちろんAkeneo PIM上にもシステムがあらかじめ定義している商品属性はありますが、それ以外の属性については運用者が自由に決めることができます。

属性管理画面にアクセスしよう

属性管理画面にアクセスする場合は、左メニューから「設定」を選びます。
「設定」画面で最初に表示されるのは「属性」管理機能なので、特に何かをする必要がありません。

属性管理

デモ用データが入っている環境では77種類の属性が登録されています。

もちろん右上の「属性を作成」ボタンをクリックすることで、新しい属性を追加できます。

属性の種類を知ろう

Akeneo PIMの属性管理を知る」では「12種類の属性」を紹介していました。
現在のAkeneo PIM 4.xでは、次の画像が示すとおり、14種類の属性を扱うことができるようになっています。

利用できる属性

増えた以下の2つの属性、

  • 参照データの単一選択
  • 参照データの複数選択

はEnterprise Editionでのみ利用可能です。
表示はされますがCommunity Editionでは利用できません。

そのため、Akeneo PIMの基本機能として使える属性の種類は12種類のままで、Enterprise Editionでは2種類追加で利用できるということになります。

それ以外の機能・仕様については「Akeneo PIMの属性管理を知る」から変更はありません。
(画面の色味などは異なりますが、基本は同じです)