Magento Community Edition バージョンアップサービス

Magento Community Edition バージョンアップサービス
¥216,000

Magento Community Editionのバージョンアップを行います。
カスタマイズやエクステンション導入によって、バージョンアップが難しくなった場合でも、安全にバージョンアップを行います。 

* 必須項目

¥216,000
このエントリーをはてなブックマークに追加
概要

詳細

Magento Community Editionのバージョンアップを行います。
カスタマイズやエクステンション導入によって、バージョンアップが難しくなった場合でも、安全にバージョンアップを行います。

なお、現在ご使用中のバージョンによって、費用が変わります。バージョンが古くなればなるほど、バージョンアップ前の調査に費用がかかります。

別途費用が発生するケース

導入されている商用のエクステンションが最新バージョンに対応していない場合は、最新版に対応したバージョンを購入する必要があります。
この費用はバージョンアップ作業費には含まれませんので、ご注意ください。

バージョンアップ作業の流れ

バージョンアップ作業は以下の流れに沿って行います。

現行サイトの調査

まず最初に、現行サイトの調査を行います。
どのようなエクステンションを導入されているか、あるいはカスタマイズを施されているかを、標準状態のMagentoと比較しながら調査を行います。
この作業には1週間程度かかります。この時点で、商用のエクステンション・テーマ等のアップデートが必要と判断された場合は、別途ご相談となります。
(サイトの規模によっては更に時間がかかる場合があります) 

バージョンアップ検証作業環境の構築

バージョンアップのための検証環境を構築します。
稼働中のサイトとは切り離した環境を用意することで、事前にバージョンアップで起き得るリスクを把握できるようにします。
この作業は1〜3日程度かかります。大規模なサイトの場合は、ネットワーク構成も含めた構成を再現する必要があり、その場合は更に時間がかかる場合があります。

検証環境でバージョンアップの実施

構築した検証環境でバージョンアップを実施します。
この段階で、本番環境でのバージョンアップ作業に要する時間の見積りを行い、本番サイトでの作業スケジュールを策定していきます。

通常1日〜3日程度で作業は終了しますが、カスタマイズの度合いやデータベースの状態によっては、この作業に1週間程度要することがあります。

バージョンアップに起因する問題の調整

Magento本体のバージョンアップが滞りなく実施できることを確認した後、サイト全体の動作を確認します。
ここで発生した不具合をひとつひとつ解消し、バージョンアップ前と同じ動作ができるように調整します。

この作業はカスタマイズ範囲が大きいほど時間がかかります。通常1ヶ月程度ですが、場合によっては2ヶ月以上かかることがあります。 

本番サイトへの反映

本番サイトに事前にメンテナンス告知を行い、メンテナンス日を周知します。
メンテナンス日には改修を終えた新しいプログラムファイル一式をサーバにアップロードし、データベースのバックアップを取得した後、バージョンアップを実施します。

本番サイト上でのバージョンアップ作業は半日〜1日程度で完了します。この作業時間はデータベース上のデータ量とサーバの性能に強く依存します。
長期間運用されているサイトで、注文履歴データや、顧客データの量が多い場合は、メンテナンス時間が長くなることがあります。 

関連するブログエントリ

ベリテワークス株式会社

ベリテワークス株式会社
114-0013 東京都北区東田端2-5-14 クロコダイル第2ビル5F
TEL:03-5842-1905
営業時間 平日10:00~18:00

M2trainedMagento Solution Partner
m2cssMagento Solution SpecialistMagento Developer PlusMagento Certified DeveloperMagento Frontend Developer