既に多くの方にダウンロードいただいております、「Magento2 日本語化エクステンション」ですが、この度大幅に改訂を行い、3つのエクステンションに分割してリリースしなおしました。

今後は以下の3つのエクステンションとして提供いたしますので、ご理解の程、よろしくお願い致します。

今回の改訂に伴う変更について

都道府県データの内容変更

これまではMagento1.x時代と同じデータを使用してきましたが、今回データ形式を改めました。

  • 都道府県データはJIS X 0401の都道府県コードを使用するように変更
  • 標準名は引き続き英語を基準とし、日本語訳を標準で同梱

この変更に伴い、従来の日本語化エクステンションとは都道府県データに互換性がないことにご注意ください。
これから新規にインストール・構築を行う方には何ら問題はありませんが、既に構築済み・構築中の方はご注意ください。

機能単位に分割することによるコード量の削減

これまでは1つのエクステンションに複数の目的を詰め込んでいたため、どうしてもコードの見通しが悪く、複雑になりがちでした。

今回、3つのエクステンションに分割するに伴い、それぞれ必要最小限のコードになるよう調整を行いました。
結果として各エクステンションはシンプルになり、メンテナンス性が向上しました。

旧エクステンションからの移行について

今回公開したエクステンションは、旧エクステンションとの互換性がありません。
旧エクステンションからの移行については以下の2点にご注意ください。

都道府県データを一度削除してください

旧エクステンションはアンインストール時に都道府県データを削除しません。
そのため、Magento2 都道府県データ追加エクステンション をインストールする前に、都道府県データを一旦削除してください。

ただし、削除する際には既存の顧客住所データや注文住所データに影響が出る恐れがあります。
事前にバックアップを取り、影響範囲を調査したうえで実施してください。

フリガナ属性を削除してください

Magento2 フリガナエクステンション をインストールする前に、旧エクステンションがインストール時に作成するフリガナ属性を削除してください。

なお、削除する際には対象となる各種データが失われます。
事前にバックアップを取り、影響範囲を調査したうえで実施してください。